スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BLACK BLOOD BROTHERS第2話  

           「調停員」

 にしても姫様、地雷の規模が半端ないな(;´Д`)
うかつに踏めないよ。
でも、前回の感想から手の平を返すようだけど、
やっぱシリアスパートも必要だよね。

 そうなるにあたってだけど、
心理描写から若干の置いてきぼりを感じたので
原作を読み出そうかなって思います。
今、誰を軸で進んでいこうとしてるんでしょうか?

 とりあえず、萌え要素を限りなくかなぐり捨てた
ミミコみたいなキャラは好きなんで、
そっち目でもいいかなって。
 
 1クールらしいんですが
結構ゆっくり見たい気もするんですよ。
最近もっぱら1クールが多いようで、
かなり見込みがないと2クールではやってくれませんか。
様子見で2期があるかもね、ですか。


Black blood brothers(1)
Black blood brothers(1)


バナー
カンパニーが見えてこない。

↑別ウインドで開きます 
スポンサーサイト




[2006/09/16 11:12] BLACK BLOOD BROTHERS | TB(7) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rafuwan.blog34.fc2.com/tb.php/391-480ef3b3


BLACK BLOOD BROTHERS #2 「調停員」

外の世界、夜の闇をコタロウに教えるため特区に向かおうとするジロー。(セリフないけど姫、怖いよ・・・) ↓ ↓
[2006/09/16 11:31] URL マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

BLACK BLOOD BROTHERS 第2話感想

第2話「調停員(コンプロマイザー)」 葛城ミミコが、ジロー達に接触します。脚本:杉谷 祐 / 絵コンテ:竹下健一/演出:高山 薪・竹下健一 / 作画監督:倉田綾子  ”特区”において吸血鬼のトラブルを秘密裏に処理す
[2006/09/16 12:30] URL 少年カルコグラフィー

BLACK BLOOD BROTHERS 第2話

第2話「調停員(コンプロマイザー)」クロウと姫様!? クロウとウルトリィ!? いや、番組が違いますね(;´▽`A``クロウがまたカッコイイーッ!!!O(≧▽≦)O 誰なの?何者なの?私にも紹介してーーーっ!!!姫様、可愛らしくて・・・無口?喋れないのかな?
[2006/09/16 12:49] URL 孤狼Nachtwanderung

BLACK BLOOD BROTHERS 2話「調停員(コンプロマイザー)」

我慢できずに、原作ラノベ読んじゃったよ・・・はっはっは。もう既に第1巻【兄弟上陸】は読了して、今は第2巻【特区鳴動】の中盤あたり読んでたり♪んじゃあ、アニメ2話の感想行きますですよ。
[2006/09/16 13:33] URL * Happy Music *

BLACK BLOOD BROTHERS 第2話

「調停員」 さてさてBBBの第二話です。 前回海に落ちたコタロウを救うべく自らも飛び込んだジローですが。 白骨化して上陸してきました。目撃した地元サーファー達は大慌てです。 吸血鬼って水溶性? 流れる水を渡れないってのは良く聞きますが、溶けるのは初めてのパタ
[2006/09/16 22:56] URL 本を読みながら日記をつけるBlog

(アニメ感想) BLACK BLOOD BROTHERS 第2話 「調停員」

「オーダー・コフィン・カンパニー」、特区において吸血鬼のトラブルを秘密裏に処理する組織の名称。そこで、交渉を担当するのが調停員。その調停員の葛城ミミコは上司の命令を受け朝早くから現場に向かっていました。しかし、現場に向かう途中で海より白煙が立ちのぼる光景
[2006/09/20 23:36] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

『BLACK BLOOD BROTHERS』1話&2話。

「黒き血の兄弟」&「調停員(コンプロマイザー)」  観るつもりはなかったのですが、ネットで辿り着いちゃったのでなんとなく視聴~。しかし、これは当たり!でした♪ 絵は丁寧で綺麗だし(…2話目では作画も崩れちゃいましたが)キャラのつかみどころのなさがツボには
[2006/09/21 14:22] URL ♪せおの時間日記♪
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。