スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

かりん 

 雨水の不幸を解消し自分の増血を抑えるために
お弁当作りに精を出す。
 
 学校に持ってきたはいいが、渡し方は考えておらず。
麻希にいわれて以前のお礼として渡すため雨水を探しに行く果林。

 その頃雨水は果林が吸血鬼ではないかと思い
図書室で調べ物。そこに果林がやってきて。
 果林の目には雨水が手に持っている吸血鬼についての本が。
慌てて図書室を飛び出す果林。

 もぅ、それだけで十分な状況証拠のような・・・。
案の定雨水はますます果林への疑念を強め、しかし日光平気で十字架・ニンニク余裕の果林を見ては疑念が揺らぐ。

 それを見ていた杏樹は果林を追い詰めるなと警告に。
それを受けて翌日うなされて目覚める雨水。
 それを陽気に起こす雨水母。しかし、この母ちゃん回を増すごとに
よりアグレッシブになっていっている気が。

 そして学校―→放課後。
1人帰宅する果林にからんでくるはチャラ男A。
見ていた杏樹が助けようとするも、雨水が助けに来た。
 三白眼に睨まれあっけなく逃げるA。(不憫なw)
余りにおびえていた果林を見て吸血鬼のわけがないと思い
真摯に謝罪する雨水。
 
 それを見ていた杏樹は雨水を信じてみることに、増血が抑えられなくなり公園にいた果林のもとに雨水を向かわせ血を送り込む現場を目撃させる。

 雨水に見られたことに気付き動転する果林。
過去の苦い思い出がフラッシュバックする。

 雨水にバレてしまうことを恐れていたのはバレてしまうと家族に迷惑がかかってしまうということもあったろうが、昔自分が鼻血を撒き散らした後の男子の反応がトラウマのようになっていたようで。

 しかし雨水は杏樹の見立てどおり、つまらない差別をするような男ではなく、受け入れてくれるようだった。
 そして眠ってしまった杏樹を連れて真紅家に向かう途中、煉兄ちゃんが現われた。と。


バナー

スポンサーサイト




[2005/11/25 00:50] かりん(放送終了) | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rafuwan.blog34.fc2.com/tb.php/37-c7bd7cd7


かりん 第4話

 「ちっ、ちがうの!これはそんなラブコメの展開なんかじゃなくて・・・」   すげ
[2005/11/25 08:38] URL 鷹2号の観察日記
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。