fc2ブログ














ぱにぽにだっしゅ! 二拾四話 

   「死して屍拾うものなし」

1886年 坂本はうはう、はうはう同盟を結ぶ
1916年 芥川はうはう、小説「鼻(はにゃ)」を発表
1789年 はうはう革命
1789年 自由はうはう運動 「坂垣死すとも、はうはうは死せず」
 
       
       そんなこんなで
       江戸、桃月三年、春

 以下主な登場人物
     ・ お勘定奉行べきえもん
     ・ アホ毛の姫子(魚屋さん)
     ・ 三味線屋一条
     ・ 蒼の六号
     ・ 念仏の都
     ・ 草葉のくるみ
     ・ 火力の玲
     ・ 着ぐるみ屋の来栖
     ・ ねずみ小僧の芹沢
     ・ 鈴音&乙女(子○れ狼)
     ・ 犬神、メディア、ベホイミ、ジジイ(黄○一行)
     ・ 南条(町娘)
     ・ 早乙女先生(町方)
     ・ 五十嵐先生(遠山の○さん)
 
 お奉行べきえもんの作った税金。はうはう税に町民は苦しんでいた。
はうはう税とは、一にはうはう二にはうはう、三四がなくて五にはうはう。 一目合ったその日から恋の花咲くこともある。
 要は(?)泣いたら罰金百円というもの。

 その税金に苦しめられる町民。南条も父に三ツ星シェフの料理なんていう庶民の料理すら食べさせられない状態。。。

 そして三味線屋の一条さん。べきえもんに三味線を弾かせるため呼ばれていた。ギャラを要求する一条さん。
 まず始めは四万ペセタ(日本円にして約三万四千円)、その後大まけにまけて、157クルザード(おそらく旧ブラジル通貨、現レアルと思われる。度重なるデノミのため日本円にしておそらくだが、0.000003円)との大盤振る舞い。そりゃああの弾きっぷりでも責められませんて。

 そして再びその名をかたられる、地球最強の呼び声高いチャックノリス

 
 やりたい放題の御奉行を打倒するために立ち上がったは、ぱにぽ人(C組一同)。
しかし、待ち合わせ場所モヤイ像前をハチ公前と間違えたくるみに誰も気付くことがないなど、その道は決して平坦なものではない。

 そして仕○人の攻撃スタイルを踏襲しながらも、明らかにそれとは異なる頭突きなるものを繰り出す都。

 その後、玲の目ん玉掌にべきえもんも倒れ一件落着。

  この番組はフィクションであり実在の人物、団体、江戸時代、ぱにぽに、ぱにぽにだっしゅ!とは、一切関係ありません。(下線筆者)

 ぱにぽにだっしゅ!とは関係ない!?

 先週のフリをあっさりスルーで残るは二話。
とにかく来週が楽しみだ!

 
 以下気になった黒板ネタ。

・ 心に棚を作れ(名言の方なのか、メイドの方なのか・・・)
・ ギタン投げ(シレンでよくやったなぁ)
・ ころび石でアイテムぶちまけて、拾おうとし一歩歩いたら大型地雷
 (この経験、一度や二度ではありません(泣))
・ FIRE WALK WITH ME(これかな。。。)
・ 685年第一次ミスリルラッシュ到来(FFXIネタと)
・ 動くな、死ね、蘇れ!(ちょっと前のソ連映画、カンヌの新人賞?)
  

あと岡村靖幸さんのこの中にある一節もありましたね。

序盤を見ると黒板が寂しいとの考えから、DVD版は黒板ネタの追加があるそうな。どうしたもんか。。。

ぱにぽにだっしゅ! 第2巻
キングレコード (2005/12/21)



バナー
↑よかったら、どぞ。


  


スポンサーサイト